COLOR

カラーは3世代ブロックチェーンプラットフォームで、誰でも使用して作りやすいdApp開発環境を作ることに焦点を合わせました。カラープラットフォームは
「Colorエンジン」で作動し、これを通じて一般利用者たちも簡単にスマートコントラクトを生成することができます。
「カラーdAppストア」は簡単で革新的なColorエンジンのメカニズムを活用して多様な分野の高次元のdAppを生成することを目標にしています。
単一プラットフォームに関連性のない複数のサービスをホスティングする代わりに、カラーのdAppは単一通貨である「カラーコイン」(COL) を使用します。
新たなカラー標準を使用しましょう。Think Color.

新しいアップデートニュースを受け取りましょう

主要機能

「カラープラットフォーム」は「Colorエンジン」を使用してスマートコントラクトの生態系を再構築します。Colorエンジン技術は、使用者が簡単に「Auto Smart Contracts」を生成できるようにします。
使用者たちはColor開発ツールを活用してプログラミングなしでもスマートコントラクトとスマートコントラクトテンプレートを生成することができます。

  • AUTO SMART CONTRACT
    カラープラットフォームは、誰でも簡単にスマートコントラクトを生成することにすることで、新しいブロックチェーン経済パラダイムを創造しようとしています。技術的な参入障壁をなくすAuto Smart Contractsは、一般利用者にスマートコントラクトの威力を実感させることでしょう。Auto Smart Contractsは、契約だけでなく情報まで保存できるデータ層を統合します。また、カラープラットフォームは外部ブロックチェーンの状態にアクセスしてこれを確認できるインターフェース層と結合し、スマートコントラクトの条件をシステム上で履行できるようにします。 全てのAuto Smart Contractは 全てのカラーdAppと相互運用が可能です。
  • PIXEL PROGRAM
    複数のピクセルが集まってカラフルな絵を作ります。トークンの公平な分配は常に問題となってきました。カラープラットフォームは、初期のトークンの公平な分配とトークンの持続的な使用に焦点をあてました。「ピクセルプログラム」はネットワーク効果に基づいて「ピクセル」を分配する推薦プログラムです。ピクセルは全ての使用者に定期的に提供されます。元の使用者が持っているピクセルは、それ自体だけでは何の価値もありません。ピクセルが価値を持つことができる唯一の方法は、ピクセルを他の使用者に送ることです。新しい使用者がピクセルを受け取ると、受け取ったピクセルをカラーコインに変換することができます。
  • P2P CONSENSUS ALGORITHM
    電力消費と取引費用を最小化するため、ビザンチン将軍問題に対する新たな解決策が必要です。カラープロジェクトの開発者たちは、BGPに現在具現された全ての解決策よりもさらに改善されたシステムをテストしています。最も重要なのは、このシステムは 分散、セキュリティを維持してVISAやマスターカードのような中央化された決済機関を凌駕する規模と速度を許容するという点です。 新しい合意アルゴリズムは分散とセキュリティは維持しつつ、PoSモデルがもともと成し遂げようとしたことを解決します。

DAPPS

私たちは依然として拡張性問題に悩まされているプロトタイプレベルのdAppに依存しています。カラーは高次元的レベルのdAppを開発してdApp生態系を革新することを目標にしています。カラーチームはメガdAppを開発するために莫大な量の資源を投入してきており、現在はカラープラットフォームですでに10個以上のメガdApp を開発中です。カラーdAppは単一通貨のカラーコインによって駆動され、これによって全てのdAppの相互運用が可能です。カラーコインは統合された分散化した取引所を通じて円滑に交換されます。

  • Color Legal
    「Color Legal」はブロックチェーンに様々な法的記録を保存します。Color Legalは公証、認証を可能にし、それに対する締結日を提供します。誰しも人は日常生活の中で大小様々な法的契約を処理しなければならず、合法的に書類を提出するためには法廷、登記所、役所を訪問して証明書や委任状を提出しなければなりません。また、公証手続きをするためにはまた他の行政機関の助けが必要になります。 Color Legalはこの全ての過程を単純化して費用を削減します。 例えば、不動産契約や金融融資契約はColor Legalでスマートコントラクトとして処理することができます。条件が満たされると利子の支払いや契約の解約が自動的に実行されます。また、他の注目すべき例は遺言の合法的執行です。もしあなたがColorLegalにあなたの遺言を残し、条件が満たされれば、Color Legalはあなたのスマートコントラクト遺言の執行を確実に保障するでしょう。
  • Color Medical
    「Color Medical」はブロックチェーンの技術を通じて医療記録を安全に保管してくれるdAppです。何よりも、私たちは膨大な医療データを収集することにより医療産業に大きな貢献をすることができます。大学や実験室などで 個人医療データを使用する場合、データの提供に同意する個人はそれに対する補償としてカラーコインを受け取ります。 また、Color Medicalは出生から現在まで個別に記録されたデータをもとに正確で効率的な医療サービスの提供を可能にします。使用者が増加しデータが蓄積されれば、 Color Medicalは人工知能治療プラットフォームに発展することができる基盤を準備する計画です。
  • Color TV
    「Color TV」はK-popの動画を中心としたグローバルコンテンツの流通プラットフォームです。様々な国家で使用される主なグローバルコンテンツの流通プラットフォームには二つの主要問題があります。一つは各国家の通貨を処理する便利な支払手段が不足しているいうこと、そしてもう一つは消費者たちがプラットフォーム内でどんな補償も受けないということです。 Color TVはカラーコインを決済及び補償メカニズムとして使用し、アプリ内でコンテンツを簡単に購入してカラーコインをコンテンツ製作者へ寄付できるようにします。また, 著作権の契約がカラープラットフォームのスマートプラットフォームを通じてコンテンツ著作権者(供給者)と事前に締結されるため、消費者が寄付するカラーコインは著作権所有者に安全に配布されます。

トークン供給

  • トークン総供給量

  • 350,000,000 COL
  • 為替レート

  • 1 ETH = 2400 COL

トークン分配

  • トークン生成イベント
    200,000,000 COL
  • バウンティー & パートナー
    50,000,000 COL
  • チーム & 顧問
    50,000,000 COL
  • 厚底の予備費
    50,000,000 COL

WHITE PAPER

Color Platformのホワイトペーパーがとうとう公開されました!
カラープラットフォームは「カラフルdAppストア (Colorful dApp Store) 」というスローガンを持って企画されました。皆さんがカラープラットフォームで様々なサービスを享受できるよう、カラープラットフォームでは「カラー開発キット (Color Development Kit、CDK) 」というブロックチェーン用開発者ツールをご提供します。CDKを利用すればdApp開発とスマートコントラクトの作成が容易になり、開発費用が減ります。カラープラットフォームはカラーコイン (COL) という単一暗号通貨として利用できるColor Legal、Color Medical、Color TVなど10個以上のメガdAppを開発しています。さらに詳しい説明を見るにはホワイトペーパーをご確認ください。

ロードマップ

カラープラットフォームのロードマップを紹介します。

  • 2018年 10月

    Milestone 1: カラープラットフォームMVP(実用最小限の製品)リリース

    • サービス層及びカラーチェーンコンセンサスのβバージョンが適用された基本カラープラットフォームリリース
    • パートナー社向けのハイパーレジャーとイーサリアム基盤のテストネットリリース
    • MVP(実用最小限の製品)PUFチップをカラーチェーンに適用
    • プロトタイプのハードウェアウォレットリリース
    • 基本ソフトウェアウォレットリリース
  • 2019年 4月

    Milestone 2: カラーバーチャルマシンが適用されたプラットフォーム1.0バージョンリリース

    • カラーチェーンのテストネットが適用されたカラープラットフォーム1.0バージョンリリース
    • カラーバーチャルマシンとチェーンコード向けのシングルランゲージリリース
    • Service Aggregatorリリース(カラフルdAppストア)
  • 2019年 12月

    Milestone 3: dApp開発環境生成

    • カラーチェーンのメインネットが適用されたカラープラットフォーム2.0バージョンリリース
    • dApp開発環境生成
    • カラーチェーン開発環境生成
    • dApp開発文書及び使用手引書提供
    • デバッギング、シミュレーション及びテスト施設提供
    • 個人データ保管所を適用した高度化されたカラーウォレット生成
  • 2020年 12月

    Milestone 4: データ検証ツールキットリリース

    • チェーンコードの静的及び動的解析
    • スマートコントラクト生成器

最新アップデート

カラープラットフォームの新しい消息を伝えいたします。

チーム

顧問
  • Chris Howard

    Chris Howard Softeq Develoment Corp. CEO

    一生事業家として生きてきたHoward(ハワード)は、ソフテック (Softeq) の創業者兼CEOであり、ソフテックは20年以上の歴史を持つ先端技術ソフトウェアサービス会社で、欧州や米国などに支社を置いている。技術ソフトウェアサービス会社の中でも市場をリードする会社に成長した。技術とソフトウェア開発産業分野で30年以上の経験を積んだ彼は、多数のビジネスをリードする創立者であり、50社を超えるスタートアップ企業に積極的に投資しているエンジェル投資家だ。

    linkedin

  • John David

    John David Founder of CryptoTech Ventures & Consultancy Limited

    John Davidはフィンテック戦略家としてビットコインとブロックチェーン分野の先駆者であり投資者だ。また、彼はカリフォルニアブロックチェーン委員会の公認ビットコイン専門家であり、長い間ブロックチェーンと暗号通貨市場に広く関与してきた。彼はマレーシアのビジネスソリューションコンサルティング会社であるGlobal Legacy Alliance PLTとパプアニューギニアのCryptoTech Ventures&Consultancy Limitedの設立者である。

    linkedin

  • Sven Lung

    Sven Lung CEO, Green Park Content

    Sven Lungはロンドンに拠点を置いているGreen Park Contentの最高経営者として、1千万人の暗号通貨投資者を対象にコンテンツ資産をリターゲティングしている。彼は欧州で最も経験の多いベンチャー投資会社の一つであるDraper Espritでベンチャーパートナーとして勤務した経験がある。

    linkedin

  • Juan Pablo Orlando

    Juan Pablo Orlando Business Development and Angel Investor, KOIBANX

    Juan OrlandoはHSBC銀行やアメリカンエクスプレス、メリルリンチのような金融機関で7年以上勤務した。また、彼はUART大学の会計学科で金融学を教えた。彼はブロックチェーンソリューションを具現する方法について会社を諮問するブロックチェーン専門家だ。

    linkedin

  • Jill Carrigan

    Jill Carrigan COO of IngleDodd Media

    Jill CarriganはIngleDoddMediaの最高運営責任者で、エンターテインメント、音楽、購読及びリテール分野の様々なオンラインビジネスの設立と運営を含む20年以上の経験を保有している。また、彼女はカリフォルニアにあるドレイパー大学を卒業した有名な企業家だ。

    linkedin

  • Chenhao Zhang

    Chenhao Zhang Partner, Gold Sand Capital

    Chenhao ZhangはGold Sand Capitalの代表だ。Gold Sandを設立する前にはPacific Epochの常務理事を歴任した。また、彼はゴールドマンサックスで5年間副社長を務めた。ChenhaoはCFAを保有しており、ウェスタンオンタリオ大学で経済学の学士学位及びトロント大学で経済学の修士号を取得した。

    linkedin

  • Elina Yurina

    Elina Yurina Vice president of Naviaddress

    Elina Yurinaは17年間の豊富な実務経験を持っており、特に事業関係、M&A、株式公開、合弁投資、私募投資プロジェクト、投資金回収、基金募金などの分野で能力を発揮してきた。また、彼女は外交当局と行政問題を含む政府関係に関する多年間の経験を保有している。

    linkedin

  • Harrison Ding

    Harrison Ding CEO at Multiple Listing Network Ltd.

    Harrison Dingはグローバル戦略やM&A、営業、新興市場拡大、技術管理などの分野からフォーチュン誌が選んだ大企業500社と多彩な業務経験を積んだ。彼は西洋と東洋の文化について深く理解しており、アジアの先端技術産業のグローバル化と拡張に献身している。

    linkedin

  • Arutyun I. Avetisyan

    Arutyun I. Avetisyan Director of ISP RAS

    Avestisyan(アヴェティスヤン)は、ロシア科学アカデミー (ISPRAS) のシステムプログラミング研究所でコンピューター科学博士学位を取得した。彼はIvannikov ISP RASの理事であり、ロシア科学及び教育協議会理事会のメンバーでもある。彼が関心を持っている研究分野はプログラムの分析と変換、ソフトウェアセキュリティ及び並列、分散コンピューティングである。

    linkedin

  • David Thaw

    David Thaw University of Pittsburgh Professor

    Thaw(ソー)教授は、サイバーセキュリティ分野で国際的に著名な専門家である。彼は弁護士とIT経営及びコンピュータープログラミングの2つの分野で数年間キャリアを積んだ。 彼は情報システムと法学博士学位をUCバークレーで取得し、現在はピッツバーグ大学の教授として法、コンピューティングと情報、そして広報業務について教えている。

    linkedin

  • Takeshi Natsuno

    Takeshi Natsuno Keio University Professor

    Natsuno教授はインターネットとモバイルマルチメディア分野でトップクラスの専門家だ。彼はW3Cの諮問委員であり、ORACLEやUbicomなど多様なグローバル企業で役員として活動している。現在は慶應義塾大学大学院でメディアとガバナンス専攻の教授として在職している。

理事会
  • Young K Choe

    Young K Choe President

    チェ・ヨンギュCTOは、NVIDIAをはじめ、Samsung Electronics、 SK Hynix、North Carolina State University などの会社で開発から最高運営陣まで、理論から実務までの経験が豊かなソフトウェアの専門家である。ソフトウェア工学、コンパイラ&言語技術、ブロックチェーンの専門性を持っている。投資分析学の経験があり、M&Aに相当する能力がある。

    linkedin

  • Nikolay Pakulin PhD

    Nikolay Pakulin PhD CTO

    Nikolay Pakulinは1998年にロシアのモスクワ物理技術大学 (MIPT) を卒業した。17年間の豊富な経験をもとにISP RASの常任研究員として在職中の彼は「インターネットプロトコルのための標準及びテストスイートの公式化」論文をもとに博士号を取得した。

    linkedin

  • Yongwook, Lee

    Yongwook Lee Strategic Planning Lead

    米国の公認会計士活動をはじめ、イ・ヨンウク理事はCJで映画配給業務をしており、M&Aを通じて買収したタイのローカル証券会社ではCOOを歴任した。多様な産業を行き来しながら体得した経験を基に、カラープラットフォームで戦略開発チームの理事として勤務している。

    linkedin

  • Jeremy Kwon

    Jeremy Kwon CSO

    クォン・ジェリュン副社長はKAIST産業経営学科を卒業し、韓国企業投資㈱、韓国M&A㈱、㈱KTBエンターテインメント代表取締役 (CEO) を歴任しながらAUCTION、JOBKOREA、NDOORS、MAXMOVIEなど、数多くのインターネット会社の起業または投資、経営に参加してきた。

    linkedin

  • Mikhail Levin

    Mikhail Levin Head of R&D Russia

    Levin(レビン)博士は応用数学や科学的プログラミング、コンピューター流体力学、そしてアルゴリズム設計の優れた経験を持っている。以前はファーウェイやMB Software AG、サムスンなど多様なグローバル企業で働いた経験があり、 現在はモスクワにあるカラーR&Dセンターの副社長を勤めている。

    linkedin

  • Suho Kwon

    Suho Kwon Global Development Lead

    クォン・スホ理事はコンピューター工学修士学位取得後、サムスン電子、サムスンテックウィン、SK Hynixなどのグローバル企業でソフトウェアエンジニア及びプロジェクト責任者として20年間働いた専門家だ。ソフトウェアアーキテクチャと品質、プロセス分野に対する経験と知識を保有しており、現在はカラープラットフォームでグローバル開発チームリーダーとして勤務している。

    linkedin

  • Sungmin An

    Sungmin An Director of Global Marketing

    アン・ソンミン理事は韓国と日本を行き来するエンターテインメント事業家で、NWP Inc.、JV、Cybrid Koreaなどの会社を設立したりもした。コンテンツ生産に関する専門知識があり、最近は専門知識を基に事業開発とコンサルティングに集中している。現在はカラープラットフォームでグローバルマーケティングチームの理事として勤務している。

チーム
  • Brandon Knodel

    Brandon Knodel Blockchain Researcher

    ブランドンはマイクロソフトやロッキード・マーチン、AT&TのようなIT企業で長い間勤務経験を積み、2013年から仮想通貨専門家として活動してきている。現在、彼はカラープラットフォームの技術部門の執筆、企画及びブログ執筆を務めている。

    linkedin

  • Artyom Vorobyov

    Artyom Vorobyov Technical Architect

    ソフテック (Softeq Development Corporation) の技術プロセスの設計者としてVorobyov(ブォロビヨフ)は、技術専門家向けの教育パイプラインを含めた会社全体に適用される複数のプロセスを開発した。開発プロセスを立てること以外にも、彼はブロックチェーンのコア技術やソリューション構造を含むソフトウェア開発の技術的側面に深く関心を抱いている。

    linkedin

  • Vitaliy Korolev

    Vitaliy Korolev QA Engineer

    Korolev(コロリョフ)は情報技術及びサービス業界で 7年以上の経歴を積んだQAエンジニア及びQAユニットリーダーだ。 彼は品質保証チームを最初から構築してテストプロセスを維持した実務経験があり、Minsk Radioengineering Collegeを卒業した優れたエンジニアリングの専門家だ。

    linkedin

  • Gwangil Choi

    Gwangil Choi Senior Developer

    チェ・グヮンイルチームリーダーはサムスン電子やCUBRIDなどのITグローバル企業で15年間勤務した開発者で、サーバーとデスクトップを含むUnix/Linux管理に対する技術を保有している。現在はカラープラットフォームのシニア開発者として勤務している。

    linkedin

  • Jiheon Yi

    Jiheon Yi Developer Lead

    イ・ジホンチームリーダーは、ウェブサービスとデータベース関連の企画と開発を担当している。社会的な道具としてのオンラインプラットフォームを研究しており、これに関する多様な作業に参加した。脱中央化が未来社会の主な特徴になることを確信し、これをブロックチェーンと連携したガバナンステクノロジーと融合するモデルを探している。

    linkedin

  • Hyungwon Chae

    Hyungwon Chae Blockchain Developer

    チェ・ヒョンウォン開発者はイリノイ州立大学で土木環境工学を専攻し、2015年グローバルハッカソンソウル企画に参加した。スタート業の起業及びUDACITYオンラインメンタリングを通して様々な開発やデータ分析に取り組んだ。 現在はカラーの白書を作成している。

    linkedin

  • Kunho Lee

    Kunho Lee Blockchain Developer

    イ・ゴンホ開発者は聖公会大学でコンピューター工学を専攻し、ブロックチェーン開発チームでdApp開発者として勤務している。最近はブロックチェーン及びデータテクノロジーブートキャンプに実習助手として参加した。

    linkedin

  • Joonkyu Kim

    Joonkyu Kim Blockchain Developer

    キム・ジュンギュ開発者は産業工学科を専攻し、ウェブサービス分野でサービス企画業務を行った。現在はDelicracyプロジェクトのウェブサービス開発に取り組んでいる。

    linkedin

  • Yujin Park

    Yujin Park UX Designer

    パク・ユジンUXデザイナーはNHN、CJ internetなどでゲームデザイナーとプロジェクトマネージャーを、SK C&Cのメタバースプロジェクトではソーシャルメディア&ローカルサービスプロダクトデザイナーを務めた。現在はカラープラットフォームでUXデザイナーとして在職中である。

    linkedin

  • May Kim

    May Kim Project Manager

    キム・ミギョンチームリーダーは語文学を専攻し、NEOWIZ社でオンラインチャット/音楽ストリーミングサービスの企画/運営業務を経験した。フィンテックのスタートアップ会社を経て、現在はカラープラットフォームでサービスと企画を担当している。

    linkedin

  • Cho, Yoon A

    Yoon A Cho HR Manager

    チョ・ユナチームリーダーは大学で観光経営と芸術学史を学び、外資系企業のIBMやNVIDIAなどで採用と人事業務を行った。 現在はカラープラットフォームで人事業務を担当している。

    linkedin

  • Jung Eun Gong

    Jung Eun Gong Community Manager

    東国大学英語英文学及び経営学を専攻し、ニューヨークで海外営業とマーケティング業務に対する経験を積んだ。現在はColor Platformのマーケティングチームで広告及びコミュニティー管理を担当している。

    linkedin

  • Hannah Kim

    Hannah Kim Community Manager

    梨花女子大学中語中文学と経営学を専攻し、韓国と中国でビックデータを利用した広告と結果分析などのマーケティング業務の経験を積んだ。現在はColor Platformのマーケティングチームで広告及びコミュニティー管理を担当している。

    linkedin

パートナー会社

  • nexybit
  • mycreditchain
  • aicrypto
  • SOFTEQ
  • ISP RAS
  • linuxdata